思うことはいつも

きたもととの同居生活やあれやこれや

夏を乗り切る5の方法


真夏のピークが去ったらしい。
とはいえ朝と昼間はまだまだ暑くて、外に出た瞬間何もかもやる気がなくなる。「モンモンモコモコの夏なんです」なんて言ってる場合じゃないし、ここまでカーッとこられるとこっちも負けるかって気にもならないですね。
そんなこと言っていたって、どうにかしてこの暑さを乗り越えないといけないし、でもやっぱり無力な僕たちなので、こんな時こそポップカルチャーの力を借りるしかないですね。ということで、夏に聴きたい・見たい・読みたい・食べたいものを適当に5つ選びました。このうんざりするほどの暑さを素晴らしい作品たちと一緒に乗り切りましょう!

 

サニーデイ・サービス『MUGEN』
大瀧詠一の『A LONG VACATION』、GOMES THE HITMANの『weekend』『down the river to the sea』、BOaTの『RORO』にザ・なつやすみバンド『PHANTASIA』...夏に聴きたいアルバムなんて山のようにあるのだけど、なんとなくサニーデイ・サービスの『MUGEN』をチョイスしてみた。
再結成後のサニーデイが『DANCE TO YOU』という傑作を生み出した今でも、自分にとって夏のサニーデイといえばやはり『MUGEN』なのだ。センチメンタリズムをくすぐる美しいメロディ、文学的な歌詞、優しい歌声と、サニーデイの魅力が必要十分に凝縮されている。しかし、このアルバムを特別な存在にしているのは、ザラザラとしたローファイな音質と、作品全体に通底する刹那主義だと思うのだ。
1曲目の「花が咲いては枯れ 枯れてはまた咲いて」という歌詞がこのアルバムのカラーを決定づけている。花は枯れ、波は寄せては返し、恋は終わる。そんな刹那主義を、ここまで綺麗に表現できる曽我部恵一という作家の素晴らしさ。
そして、このアルバムの代表曲「江ノ島」のパンチライン「いつもそう触れないよ 感じるだけ 夏の荒野」。確かにそこにあるのに、決して触ることのできない夢現、あるいは夢幻。そんな''MUGEN''を音にしたなら、きっとこんな風に、輪郭の曖昧なザラザラとした音なのだろう。
このアルバムは、甘美でアッパーなバラード、『夢見るようなくちびるに』で締めくくられると思いきや、直後に『東京』のオルゴールverが流れる。『東京』の冒頭の歌詞はこうだ、「赤い唇が色褪せる前に その熱い血潮の枯れぬ間に」。人知れず色づいたくちびるも、やがて色褪せるという、最後の最後まで徹底された刹那主義。何一つ触ることも手にすることもできず、やがて全てが消えていくという曖昧な実感。
それでも、このアルバムの、ガラス細工のように淡く繊細なデカダンスが、冷房の効いた夏の部屋にはとても心地よく思えてしまう。いつか終わる夏に思いを馳せながら、ずっと''MUGEN''に浸っていたいと思ってしまう。

 

おぎやはぎバナナマン『epoch TV square』
おぎやはぎバナナマンという盟友達による、シットコムの名作。夏が舞台の作品かと言われたら、そういうわけでもないのだけど、何故か無性に夏に見たくなる。この、友人数人と延々と無駄を貪るような、くだらなく愛おしい時間が、自分の中で''夏休み''というイメージと強く結びついているのだ。
というか、15歳の夏休みにひたすらこの作品を見てたという個人的な記憶が強いだけかもしれないけど。冷房がガンガンに効いた部屋で、することもなくこの作品のDVDをプレステ2で見ていた自分をずっと大事にしていきたい。これはそういう作品だと思うので。

バナナマン&おぎやはぎ epoch TV square Vol.1 [DVD]

バナナマン&おぎやはぎ epoch TV square Vol.1 [DVD]

 

 

伊集院光 深夜の馬鹿力『カブトムシの秘密』
月曜JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力で、2007年に夏休み特別企画として放送されていたコーナー。カブトムシの特徴を3択で出題するという体の、家庭不和や人生転落というトラウマネタのオンパレード。
しかし、2007年、まだ中学一年生で深夜ラジオを聴き始めたばかりの自分はこのコーナーに大きな衝撃を受けたのだった。社会や人生なんてものからはみ出した負のエネルギーが笑いに転化したときの熱量や、まるで文学作品のような言葉の連なりは、13歳がこっそり1人で深夜に聴くにはあまりに新鮮だったし刺激的だった。
未だに夏になると聴きたくなってしまって、聴いた瞬間、いつか見た悪い夢のようで、それでいて実家のような安心感のある、''向こう側''のジメジメした夏の夜にいとも簡単に引き戻されてしまう。

 

川上弘美『離さない』
夏になると、ひんやりするような作品が読みたくなるものですよね。自分の中で、最もひんやりする作品が、川上弘美の短編集「神様」に収録されている「離さない」です。
寓話的で不可思議ながら温かい作品が多く収録されている「神様」ですが、その中でひときわ異質で妖しい魅力を放ったこの作品の存在感は、今でも僕の記憶に住み着いて離れません。
「自宅で人魚を飼育する」という一見ロマンチックな設定からは想像できないような空恐ろしいプロットに、冷たく淡々とした文体。徐々に人魚に執着をしていく登場人物のリアルな切迫感。おどろおどろしい恐ろしさではなく、心の中をゆっくりと真水で満たしていくような静かな恐怖は、同時にどこか美しくもあって、夏にぴったりです。
20年以上も前の作品なのに、現代になってますます痛切さが増しているところにもこの作品の凄みを感じてしまう。

神様 (中公文庫)

神様 (中公文庫)

 

 

東銀座 萬福『冷やしそば (とりごま味)』
東銀座にある、老舗中華麺 萬福の夏季限定メニュー。オーソドックスな冷やし中華も美味しいのだけど、こちらのとりごま味の冷やしそばが絶品です。
下味のしっかりした柔らかい鶏肉と、風味豊かなごまだれの相性がとにかく抜群で、暑さにやられて減退した食欲でもスルスルと食べてしまう。価格は990円なのですが、麺がかなりボリュームあって、かなりの満足度の高さ。
レトロな店内も趣あってとともクールかつキュートで、是非一度足を運んで頂きたい名店です。

f:id:kashiwajun:20190820222440j:image

 

どうか、夏を無事に乗り切れますように!

今週気づいたこと その3

7/15。
粗品TVの余韻が抜けない。
間違いなく霜降り明星の年表において、いや、もしかしたら令和のバラエティの歴史においても、とても重要な番組になるかもしれない。タイムループというコンセプトをバラエティに持ち込むという平成生まれ的な感覚、そのコンセプトとツッコミ企画のシナジー、散りばめられた「繰り返す」というモチーフ、そしてそれを全てやってのけることに違和感がない粗品という芸人の説得力。
しかし、この番組が素晴らしいのは、そのコンセプトや展開が単なる実験的精神だけでなく、かつて本人が「エンドレスエイト」に例えたように何回も落とされ続けたR-1ぐらんぷりとそのループからの脱出(=優勝)という、粗品自身の物語から来ているところだ。そんなループからの脱出の物語をR-1ぐらんぷり優勝特番でやってしまうのもまた恐ろしい。粗品という芸人の魅力が、センスやスマートさだけでなく、その裏にある人間的な部分に支えられてるのだなと、M-1優勝以降つくづく思う。
1994年生まれ、ほとんど霜降り明星と同世代の僕は、物心ついた頃からダウンタウンはもちろん、ナインティナインもすでにテレビスターの階段を上りきっていた。くりぃむしちゅーだって気づいた頃にはすでに売れっ子だったし、有吉の復活劇とかはあったけど、所謂スターの''登場''は見ていない。そんな、テレビスターとYouTuberの狭間の世代の僕は、お笑いスターの階段を1から上る瞬間を、霜降り明星で始めて目撃している気がする。
この番組の最後のループで、粗品がいくらの代わりに手にしたのはマグロ。止まったら死ぬと言われているマグロのように、お笑いのスター街道を泳ぎ続けてほしい。

 

今週のお笑いでいうと、3回もの引き分けにもつれ込んだ、座王アインシュタイン稲田vs銀シャリ橋本の「叫び対決」にも心が震えた。千原ジュニアのつけた「思想vs生活」というキャッチコピーも素晴らしい。面白すぎて、途中で流れた「今日も嫌がらせ弁当」のCMの篠原涼子の叫び声すら面白く感じてしまった。

 

7/13の土曜日には、GOMES THE HITMANの20周年ライブを見に行った。僕が6.7歳の頃に出たアルバムがまた新しい形で世の中に出ていて、25歳の僕はその音楽を目の前で聴いているなんて、とても素敵だと思う。

絶対このタイミングでやることではないのだけど、ブログのタイトルを変えてしまった。『思うことはいつも』、名曲だ。当面はこのタイトルで行こうと思う(できればずっと!)。改めてアルバム『cobblestone』を聴くと、あまりに丁寧な街や暮らしの描写と、それを支える美しいメロディに驚かされる。ここ何年かのシティポップの傑作たちが束でかかっても敵わない。

江本祐介の『Live at Roji』をようやく聴いている。今年は『ワゴンR』を沢山聴く夏になりそうだ。ファンファーレの頃の□□□みたいな、切なくなるほど瑞々しい最高のポップチューン。江本祐介や三浦康嗣、かつての山田稔明のような、少し鼻にかかったモラトリアムな歌声に誰か名前をつけてほしい。

ナツノムジナの『Temporary Reality Numbers』は、とても傑作な気がしている。

この曲、タイトルも歌詞も、ひんやりとした音像も本当に最高だ。

ふと聴きたくなって、神森徹也の名盤『GREATEST HITS』を聴いていた。(こういう音楽をすぐに聴けるのが、Apple Musicの良いところだと僕は思いますよ)しかし、神森徹也は日本のポップミュージックの歴史から無視されすぎではないか?キラーチューン『レミレミ』だけでももっと多くの人に聴かれますように。

この世で最も俗っぽくて切実な祈りたち。
自分の中にある神聖なものに必死に手を伸ばすように、彼はずっと祈ってる。

 

日曜日はきたもとの誕生日を祝って、美味しい中華を食べに行った。白金にある「私厨房 勇」というお店。
中華とは思えないような口当たりの上品さに驚いてしまった。後味のさっぱりした「牛頰肉のフレッシュトマト煮込み」と、炒め物とは思えないシャキシャキ感のある「帆立貝と中国野菜の炒め」が特に絶品でした。

f:id:kashiwajun:20190715225431j:image

美味しいものを食べて「○○の概念が変わった」なんて常套句、ウソばっかりだと思っていたけど、困ったことにこれは本当に中華の概念が変わってしまった。ということは、「○○の概念が変わった」という言葉の概念も変わったことになる。概念はすぐに変わる。
独特の酸味がある担々麺も、辛さと旨味のバランスが絶妙で、どんな坦々麺の専門店より美味しかった。

 

今一番ハマってるあるあるは、「溜まった雨で道のくぼみを知る」です。

今週気づいたこと その2

7/7。七夕なのでChappieの『七夕の夜、君に会いたい』を聴きながらこの日記を書いている。とんでもなく豪華なメンバーが参加してるChappieのアルバムだけど、森高千里の声の存在感は圧倒的だ。


家に帰ったら、コジコジのおりひめとひこぼしの回を読もう。

「あの人が来ようが来まいが待つよ
今年も来年もずーっと待ってるよ
何万年も愛し合ってたんだから
ハンパじゃないんだからね...」
というおりひめの台詞、ラストの『みんなげんき コジコジ』という願い。名作だ。


土曜日には、シソンヌの単独ライブ[huit]を見に行った。
まだ続いてるのでネタバレになるようなことは言えないのだけど、コントへのテーマの持たせ方がやはりとても素晴らしい。OPコントから幕間映像まで通底するテーマが、最後のネタでは核心に迫って語られる。
そんなある種哲学的で社会的な作品を、キャラクターや台詞の造形で''コント''としか呼べないものにしてしまうのが恐ろしい。

 

テレビ朝日の太田松之丞を見たのだけど、もう面白いを通り越してる愛おしかった。2人の関係性は最高にキュートだ。もうお題とか無しに永遠にフリートークしていてほしい。

永野のモチが喉に詰まった新沼謙治は最高に面白いですね。いや、永野はいつだって最高に面白いのだけれど。ネタパレの時は森進一だったけど、どういう計算でそこを変更しているのだろう。

テレビ千鳥はもはや安定の面白さなのだけど、きたもとがえらく気に入って、録画を3回くらい見ていた。


あとは、ドキュメント72時間に久々にとてもグッときてしまった。
街の中に変わらずあり続ける場所と、その中で流れていく人と人。何でもない場所に透けて見えるドラマ、みたいな回に弱い。
映像の質感も何だかいつもと違った気がした。


あまりにジメジメしているので、夏を取り戻すべく、せめてもの抵抗でCaro Kissaの『熱中症』や朝日美穂の『夏のトレモロ』をよく聴いていた。朝日美穂の『夏のトレモロ』は油断すると一生聴いてしまうから大変だ。

今週発表された中村佳穂の『LINDY』もよく聴いていた。明らかに次のステージのドアを開けたと思うのだけど、そのドアがどこにつながってるのかわからない不思議な感覚。


シャムキャッツの12月のSTUDIO COASTのライブに申し込んだ。
4月のVIRGIN GRAFFITIツアーが本当に素晴らしかったので、今から本当に楽しみでしょうがないです。
このインタビューもとてもよかった。
https://bamp.is/interview/ishizaki01.html

居心地の悪さを感じながら、わかりやすいカウンターにならないっていうのは、結局自分たちはめちゃくちゃ日本っぽいバンドだなと思ってるところでもあって。わかりやすい音楽性を示すんじゃなくて、そういう気持ちを持ちつつ、生活に近いところから攻めるっていうのは、すごく日本っぽいと思う。

日本っぽいというとなんだかドメスティックな気がしてしまうけど、やっぱりシャムキャッツのそのさりげなさがとっても大好きなのだ。疲れた時に聴く逃亡前夜は本当に涙腺が緩んでしまう。日本における逃亡の音楽の名作といえば、スピッツの『名前をつけてやる』で、とても大好きな作品なのだけど、シャムキャッツの『VIRGIN GRAFFITI』はもっと地に足がついた現実的な逃避な感じがして、今の僕にはそっちの方がリアルに感じられたりする。


今一番ハマってるあるあるは、「真昼の川、想像以上に眩しい」です。

今週気づいたこと その1

いきなりだけど、日記を書くことにした。
1ヶ月ほど前に懇ろな関係の女と一緒に住み始め、その生活をどこかに記したいと思っていたのだけど、あまり書くことがなく、1ヶ月が過ぎてしまった。
でも、やはりどうしても日記を書きたかったので、同居人との生活は置いておいて、とりあえず自分が見たものや感じたことについて書きたいと思う。言うなれば、僕なりの「今週気づいたこと」だ。

たまに出てくる同居人の名前は、仮名で「きたもと」としておく。(私の、かしわじゅんというのも仮名です。)


ブログのタイトルは、GOMES THE HITMANの「猫がいた暮らし」からとりました。歌い出しの歌詞が「あぁいつまでもこのまま暮らしてゆけたらどうだろうね?」と、あまりに今の気持ちとぴったりだったので。でも、僕ときたもととの暮らしに猫はいないし、いたこともないので、そのまま「猫のいない暮らし」として拝借することとした。


2人でテレビを見るのはやはり楽しい。
水曜日のダウンタウンを見ていて、パンサー尾形の「結局宴会楽しい説」で2人同時にゲラゲラ笑ってしまった。なんだその、あっけらかんとした赦しに満ちた言葉は。


世間では何だかんだ闇営業の騒動が大々的な話題になっている。
雨上がり決死隊のべしゃりブリンッ!は僕の青春を作るピースの一つなので、とても残念なのだけど、ギャラ兄はギャラ兄で、宮迫博之宮迫博之という感じがしてしまう。とは言え、これがべしゃりブリンッ!終了直後だったらショックだったのだろうな。
太田さんの「金をもらうならちゃんとネタをやれ」という持論は、人としてより芸人としての矜持が先に立っていて、とても大好きだ。


アルピーDCGを聴いていて、まんまと池袋ウエストゲートパークを見返してしまった。もう本当に痺れるほどに面白い。何なのだろう、この脳にビシビシ伝わってくるような面白さは。まだ途中までしか見返してないのだけど、自分は断然マコちゃん派だ。みかんの回の、あの圧倒的な正しさよ。

アルピーの功績の一つが、''面白い物''の対象を今までから10年くらい若返らせたことだとしたら、霜降り明星は更に10年若返らせたのだなと、金曜日の霜降りANN0を聴いて強く思った。おもしろフラッシュ、クラス中の誰もが見ていたな。

 

土曜日には、ロロの『はなればなれたち』を観劇した。公演を観た後だと、タイトルの言葉がより素晴らしく感じられる。別離や死や、種類を問わず、はなればなれの者たちをつなぎ合わせるのはやっぱりいつだって表現なのだ。

日曜日には何故か急に『耳をすませば』を観たくなり、家できたもとと見てしまった。
やはり街並みの描写がとても素晴らしい。エンドロールで街行く人を背景に流れるカントリーロードは、讃美歌のように美しかった。

 

音楽でいうと、今更ながら安藤裕子にどハマりしている(IWGPにも出てましたね!)。
名盤と名高い『JAPANESE POP』も素晴らしいけど、その前作『chronicle.』が一番好きだ。普遍的でシンプルながら、あまりに豊潤。それでいて未完成な感じに心が震える。
梅雨になり、雨の日が多くなると、比例するようにキリンジ『雨を見くびるな』の再生回数も増えて行く。
MAMALAID RAGの『春雨道中』もよく聴くのだけど、その度いつかのおぎやはぎのメガネびいきの年始の放送で宮嵜Pが流していたのを思い出す。ラジオから不意に流れてくる好きな曲程素晴らしいものはない。
あとはナードマグネットの新しいアルバムなんかを聴きながら、「自分が今15歳だったら、ピロウズではなく彼らが特別な存在になっていたのかも」なんてことを妄想していた。
江本祐介と佐藤優介のアルバムも注文したのだけど、まだ届いていないのでとても楽しみだ。

 

本は、なんだかんだ読んだことのなかった中島らもの『ガダラの豚』を読んでいた。圧倒的な知識と説得力に裏打ちされた、ハッタリだらけのエンターテイメント大作という感じでとても面白かった。
北村薫の円紫師匠シリーズが漫画化されているようなので、そちらも読まねば。円紫師匠シリーズは自分の中で特別な本の一つで、『空飛ぶ馬』を読むたびに、とても辛い気持ちになりながら、それでも円紫師匠の「人間というのも捨てたものじゃないでしょう」という言葉に救われる。この本はこの言葉のためにあってほしいと思ってしまう。


今週食べたものは、吉祥寺のラ・ジルエットで食べたそば粉のガレットと、渋谷の喜楽で食べたもやしワンタン麺がとても美味しかった。

f:id:kashiwajun:20190630213325j:image

f:id:kashiwajun:20190630213252j:image

 

喜楽の帰りに久々に渋谷のTSUTAYAに寄ったら、人類に救いの手を差し伸べる素晴らしい物が置いてあった。

f:id:kashiwajun:20190630213256j:image

自分が都知事になった暁には、都内の全ての商業施設にこのシステムを導入しよう。

 

会社では、何故か飲み会のお店選びのセンスを褒められた。
何であろうと褒められるのは嬉しいので、「ほめられないとやる気でない ほめられるだけでグリグリ 正しくたって批判ならそれは間違い」はやはりこの世の真理だと悟った。


今一番ハマってるあるあるは、「弱火にしようとして消える」です。